スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二次世界大戦の日本の目標は、ヘルシンキ



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page186

東京オリンピック開催に失敗した日本は、何としてでも1940年ヘルシンキオリンピックを妨害せねばならなかった。

ヒトラーに軍をポーランドからフィンランドへ進めさせ、それが不首尾に終わると、今度は、スターリンに頼んで、フィンランドを攻撃させた。オリンピックは中止され、日本にとっては、めでたしめでたしだった。だが、次は、ロンドンが候補に名をあげた。今度は、ヒトラーにロンドンを猛爆させた。ロンドンも中止された。

国家や、独裁者などというものは、国家レベルで巨額の裏金を提供すると、狂喜して戦争を行う。何せ、その裏金は国ではなく、個人の懐(ふところ)にはいるのだから。
スポンサーサイト

生き残った兵士を無視する特攻平和会館



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p003.html#page119

「この会館では、死亡したパイロットのみを展示しています。生存者の遺留品はありません。」

タイタニック号沈没は日本の陰謀だった。



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p006.html#page154

オリンピックを記念して建造されたタイタニックは、皮肉にもストックホルムオリンピックの開会式を前に沈没した。

このオリンピックには日本は初参加だった。これから世界は日本の及ぼす災難に翻弄される。

インド航空機の爆破はオリンピックの報復



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page186

ロサンゼルスオリンピックでカナダは金メダルを取りすぎた。・・・・

日本は永久に戦争を放棄すると誓ったが、



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p004.html#page41

この憲法を改正することは、はっきり言って「日本は嘘つきだった。」ことを認めることになる。

仲宗根、中曽根、昭和新山、クーベルタン



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p002.html#page14A

これらのキーワードは、玉砕した沖縄守備軍司令官牛島満に結びつく。・・・・・

仲宗根美樹は誕生日と名前で選ばれていた。



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p002.html#page14A

日本の首相は女優や女性歌手がお気に入りだ。名前までこだわる。

だが、この歌手は特別だった。こだわり方が一通りではなかった。

同盟国が再び浮かび上がった。

ブッシュ大統領に「これは別れのキスだ。」



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page185

この攻撃は100パーセント日本式だった。

日本の観光は国家管理だ。



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p008.html#page96

特に、外国人観光は厳しい国家管理に置かれる。外国人が国内を自由に闊歩しては困るからだ。外国人のツアーは巧妙に長崎・広島の原爆資料館に案内される。

東京で見かける多くの外国人は、政府が呼び込んだ動員外国人だ。たまに、これらの中にもストーカーがいる。だが、よく考えるとそのはずだ。政府に言われたとおり日本に来た外国人だ。日本人よりもストーカーの確率は高い。こういった外国人が繁華街を闊歩するため、一見国際化しているように見える。だが事実はとんでもない。

観光大手のJTBがどういう企業かを分析すればよくわかる。

日本の軍事費は事実上世界第二位だ。



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p003.html#page120

日本の軍人恩給は軍事費に計上されない。外国では計上する。

海上保安庁は事実上軍隊組織と言える。

ロケットの研究の大半は、ミサイル研究だ。

情報公開が著しく遅れている。

日本の捕鯨船団は事実上予備役の日本海軍



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p003.html#page120

第二次世界大戦を検証すると、戦争は最後は人と人との戦いであることがよくわかる。・・・

鹿児島市長選の投票率は25パーセント



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p008.html#page87

今回の市長選きょうは、オール与党の政治を見せつけるものとなった。

県知事、市長とも政府の操り人形だ。郷土にとっては裏切り者だが、誰も声に出せない。・・・

ブッシュの父もひどい目にあわされた。



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page185

ブッシュ大統領はイラク戦争終結の挨拶に来て靴を投げらtれた。

http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p001.html#page2

ブッシュの父は、湾岸戦争終結の挨拶に来て、宮沢首相夫妻主催の晩餐会で倒れた。

インフルエンザ腸炎というのも怪しい。

アホウドリにされたアン・ホーカーさん

http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p005.html#page58D

犯人「市橋達也」は、「死明日通夜」の語呂合わせで選ばれた。・・・・・

「市橋達也」と「死明日通夜」の語呂合わせ



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p005.html#page58D

最近の奇怪な事件のひとつに、リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件がある。

三億円強奪事件、麻原彰晃、林真須美、三浦和義などと同じだ。

北極の氷が解けても海面は上昇しない。

http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p005.html#page59

こういった小学生レベルの嘘を平気でまき散らすマスコミ。

フセインは叩かれ、ブッシュには飛んでくる



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page185

サダム・フセインの銅像が引き倒された時、男たちは靴でその銅像を叩いた。今回は、ブッシュ大統領に靴が飛んできた。

ブッシュ大統領に靴を投げたのは日本式攻撃



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page185

靴を投げた男の動作とタイミングは、気まぐれではなかった。

煙草を吸えば長生きするという統計の嘘



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p005.html#page60A

統計を正確に取れば取るほど、喫煙者は長生きする。

もともと、統計は本来怪しいものだ。

人のいい米軍は原爆投下まで日本に担がれた



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p005.html#page147

米国は8月6日が何の日か知らなかった。

米国は、重大な警告として、原爆投下の場所と日時を通告した。日本は、8月6日まで待ってくれ。8月6日がいいと言った。広島がいいと言った。・・・・・・・

真珠湾攻撃の日、日系3世を退役軍人長官に



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page183

戦後もハワイ真珠湾攻撃は終わっていなかった。

日本政府の作った犯罪被害者の会



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page184

その目的は、死刑制度を続行して、邪魔者たちを黙らせるためだった。

気候変動枠組みに消極的な日本に「化石賞」



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p005.html#page59

気候変動枠組み条約第14回締約国会議で9日、皮肉たっぷりの賞「化石賞」が日本に贈られた。

日本の埋蔵金は南米にもあった。



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page182

スイスの銀行が個人預金を扱わなくなり、南米に移したという。

日商岩井と 児玉誉士夫が引き合わせた女性



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p008.html#page94

この女性は、大統領と靖国神社を参拝し日本に帰国後も国家主義的な発言を繰り返す。

世界の支配は簡単に出来る。



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p008.html#page182

創価学会の批判サイトは、直ちに削除される。どうして、これだけの力があるのか考えてみた。結論は簡単だった。「金」だった。

金をちらつかせて不正を要求しても人は簡単に動かない。それどころか、時として態度を硬化させる。だが、善意の献金となると、人間は弱い。何の疑いもなく受け取ってしまう。その後、具合が悪いと言って、情報の削除などの不正を強要されると、断れない。何故なら、今後、不正な組織から「金」を受け取っていたという脅しに変わる恐れがあるからだ。これが、「金」の魔術だ。

批判しそうな団体に手当たり次第に金をばらまくことで、反対派は簡単に「駆除」出来る。そろそろ、人類もこのトリックに気付くべきだ。

タクシーに乗らない日本人



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p001.html#page11

不況により、タクシーの売上が減っているという。外国では、タクシーは需要と供給だ。それを、日本では、国が管理する。自由にさせれば、売上の上がる工夫は自分たちでするはずだ。それが出来ない。

タクシー業界は、旧ソ連同様、共産主義体制と言える。

パラオは親日の国だが、時に米国追随



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p004.html#page45

http://jctony.blogspot.com/2008/12/blog-post_4769.html

パラオは10月29日の国連総会の対キューバ決議案で、イスラエルとともに米国支持にまわった。

1994年12月12日会社員VX殺害事件



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/02/p005.html#page64

この事件は、オウムが、大阪府大阪市に住む柔道2段の資格を持つ当時28歳の会社員を、「公安警察のスパイ」と決め付け、VXガスで殺害するよう指示したもの。

結局は、オウムを利用した、人体実験だった。話が漫画だ。

馬英九総統



http://japansconspiracy.hp.infoseek.co.jp/0202/p002.html#page115

馬総統は以前はダライ・ラマの訪台を歓迎すると述べており、背後には中国への配慮がある。

ダライ・ラマの宣伝活動も限界のようだ。言動不一致ではどうしようもない。

 ホーム  »  次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。